ミニバスケットボールのフェアプレー精神

ミニバスケットボールは小学生にとても人気のあるスポーツです。


普通のバスケットボールとの違いは、ゴールの高さが一般3メートル5センチに対してミニバスケットボールは2メートル60センチとなっている点です。試合時間も一般が1クォーター10分にたいして、ミニバスケットボールは6分など、小学生の体格、体力などにあわせた違いがあるのですが、最大の違いは「友情、ほほえみ、フェアプレイの精神」によって行なわれるという事です。


ミニバスケットボールの理念は、バスケットボールというスポーツを通して、子どもたちの心身を鍛え、仲間との助け合いの精神を学ばせるというものです。


その理念を反映してか第3クォーターまでに「10人以上出場」しなければならないなどのルールもあるほどです。子どもにさせる最初のスポーツとしてミニバスケットボールは最適かもしれませんね。



ミニバスケットボールとは何か

ミニバスケットボールは特に小学生の間ではすごく人気のあるスポーツのようです。では何が普通のバスケットボールとはちがうのでしょうか。


ミニバスケットボールは小学生の体格、体力などにあわせてゴールの高さが一般3メートル5センチに対してミニバスケットボールは2メートル60センチに設定されています。


試合時間も一般が1クォーター10分にたいして、ミニバスケットボールは6分で、もちろん参加できるのは12歳以下の小学生のみということです。


バスケットボールの小学生版ということでミニバスケットボールと呼ばれるようになりました。全国大会もあり、男女各6チームが出場して昭和45年に行われた第一回大会をはじまりに、現在では男女各48チームが参加する大きな大会になっています。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。