バスケットボールの日本リーグ

バスケットボールの日本リーグを前身とする、バスケットボール日本リーグ機構(JBL) が主催する1部リーグ・スーパーリーグと2部リーグ・日本リーグがあります。


日本のバスケットボールリーグといえば、このリーグのことを指していましたが、近年状況が変わってきているようです。


バスケットボール日本リーグ機構(JBL)のスーパーリーグと日本リーグは、人気アップのため10年以上前からプロ化の構想があがっていましたが、プロ化の話は遅々として進みませんでした。


バスケットボール日本リーグ機構(JBL)はbjリーグに合流することはなかったため、日本バスケットボール界には2つのトップリーグが存在する事態となっています。


バスケットボール日本リーグOBなどによる「第3のプロリーグ」構想などもたちあがり、将来的にはプロ化で一本化する流れにはなってきてはいますが、バスケットボール人気を高めるためにも、事態の収拾が望まれるところです。




バスケットボールの日本リーグとは

バスケットボールの日本リーグといえば、みなさんはどれが日本リーグなのか悩むのではないでしょうか。


日本リーグというのは全国リーグを指します。Jリーグも、プロ化以前は日本リーグと呼ばれていました。簡単にいうと、日本の各スポーツのトップリーグを日本リーグと呼んでいたわけです。


この呼び方はバスケットボールでは、ややこしくなります。なぜかというと、日本にはバスケットボールのトップリーグが二つ存在しているからです。


JBLスパーリーグとbjリーグの二つ。日本代表選手に選ばれるのはJBLスパーリーグからだけとなっています。バスケットボールではプロと垣根は取り払われています。bjリーグから日本代表が選ばれず、アマリーグなどからしか選ばれないなら日本のトップリーグはどっちなのか、となってしまいます。


日本バスケットボールの発展のためにも、JBLスパーリーグとbjリーグが化する必要があるのではないでしょうか。
日本リーグがJリーグとして、今や超人気スポーツリーグになっているのですから。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。