日本のバスケットボール

バスケットボール(漢字で書くと籠球)が、はじめて日本に紹介されたのは1908年(明治41)といわれていています。


国際的な公式大会がおこなわれたのは、第3回極東選手権(東京・芝浦)が最初だそうです。実業団を中心に発展したバスケットボールですが、シーズンから 、バスケットボールのメジャー化をねらいリーグを大幅に改編、JBL( 日本バスケットボール機構 )スーパーリーグがスタートしました。


残念ながら、JBLスパーリーグは、サッカーのJリーグのようには人気が定着しませんでした。
ため、実業団の域を脱せなかったのが人気低迷の一因ともいわれています。05年シーズンからは日本初のプロリーグ「bjリーグ」がスタートしました。JBLはbjリーグには国内にトップリーグが2つ存在するといった異例事態になってしまいました。


日本バスケットボールの発展のためにも、早い時期にプロリーグとして一本化する必要があるでしょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。