ミニバスケットボールとは何か

ミニバスケットボールは特に小学生の間ではすごく人気のあるスポーツのようです。では何が普通のバスケットボールとはちがうのでしょうか。


ミニバスケットボールは小学生の体格、体力などにあわせてゴールの高さが一般3メートル5センチに対してミニバスケットボールは2メートル60センチに設定されています。


試合時間も一般が1クォーター10分にたいして、ミニバスケットボールは6分で、もちろん参加できるのは12歳以下の小学生のみということです。


バスケットボールの小学生版ということでミニバスケットボールと呼ばれるようになりました。全国大会もあり、男女各6チームが出場して昭和45年に行われた第一回大会をはじまりに、現在では男女各48チームが参加する大きな大会になっています。







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。