バスケットボールの日本リーグとは

バスケットボールの日本リーグといえば、みなさんはどれが日本リーグなのか悩むのではないでしょうか。


日本リーグというのは全国リーグを指します。Jリーグも、プロ化以前は日本リーグと呼ばれていました。簡単にいうと、日本の各スポーツのトップリーグを日本リーグと呼んでいたわけです。


この呼び方はバスケットボールでは、ややこしくなります。なぜかというと、日本にはバスケットボールのトップリーグが二つ存在しているからです。


JBLスパーリーグとbjリーグの二つ。日本代表選手に選ばれるのはJBLスパーリーグからだけとなっています。バスケットボールではプロと垣根は取り払われています。bjリーグから日本代表が選ばれず、アマリーグなどからしか選ばれないなら日本のトップリーグはどっちなのか、となってしまいます。


日本バスケットボールの発展のためにも、JBLスパーリーグとbjリーグが化する必要があるのではないでしょうか。
日本リーグがJリーグとして、今や超人気スポーツリーグになっているのですから。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。