ミニバスケットボールのフェアプレー精神

ミニバスケットボールは小学生にとても人気のあるスポーツです。


普通のバスケットボールとの違いは、ゴールの高さが一般3メートル5センチに対してミニバスケットボールは2メートル60センチとなっている点です。試合時間も一般が1クォーター10分にたいして、ミニバスケットボールは6分など、小学生の体格、体力などにあわせた違いがあるのですが、最大の違いは「友情、ほほえみ、フェアプレイの精神」によって行なわれるという事です。


ミニバスケットボールの理念は、バスケットボールというスポーツを通して、子どもたちの心身を鍛え、仲間との助け合いの精神を学ばせるというものです。


その理念を反映してか第3クォーターまでに「10人以上出場」しなければならないなどのルールもあるほどです。子どもにさせる最初のスポーツとしてミニバスケットボールは最適かもしれませんね。



2006年バスケットボール世界選手権

バスケットボール世界選手権が2006年8月19日から9月3日にかけて日本で開催されました。


ドイツで開催されたサッカーのワールドカップが、盛り上がったのに比べると、自国開催にもかかわらず、国内的には盛り上がりに欠けたのは、バスケットボールとサッカーの国内での人気の差でしょうか。


バスケットボール日本代表は開催国枠で出場し、予選グループBで5位と予選通過はなりませんでした。


2006年バスケットボール世界選手権の優勝はスペインで、日本と同じ予選グループBでした。


バスケットボールリーグの最高峰NBAのスタープレーヤー、コービー・ブライアント、レブロン・ジェームスらを要するアメリカは3位に終わり、前大会6位に続き、のバスケットボール王国アメリカの復権はなりませんでした。


バスケットボールの日本リーグ

バスケットボールの日本リーグを前身とする、バスケットボール日本リーグ機構(JBL) が主催する1部リーグ・スーパーリーグと2部リーグ・日本リーグがあります。


日本のバスケットボールリーグといえば、このリーグのことを指していましたが、近年状況が変わってきているようです。


バスケットボール日本リーグ機構(JBL)のスーパーリーグと日本リーグは、人気アップのため10年以上前からプロ化の構想があがっていましたが、プロ化の話は遅々として進みませんでした。


バスケットボール日本リーグ機構(JBL)はbjリーグに合流することはなかったため、日本バスケットボール界には2つのトップリーグが存在する事態となっています。


バスケットボール日本リーグOBなどによる「第3のプロリーグ」構想などもたちあがり、将来的にはプロ化で一本化する流れにはなってきてはいますが、バスケットボール人気を高めるためにも、事態の収拾が望まれるところです。




バスケットシューズのメーカー

バスケットシューズのメーカーとして、まず、アタマに思い浮かぶのはNIKE(ナイキ)でしょう。


バスケットボール用のスポーツシューズだったバスケットシューズを一躍人気のファッションアイテムに押し上げました。90年代にエアクッションを採用したバスケットシューズを発売し、バスケットシューズブームを巻き起こしたことは記憶に新しいのではないでしょうか。


メーカーとして日本人にもなじみの深いのがConverse(コンバース)でしょう。コンバースのハイカットのクラシックなバスケットシューズを履き物にしていた人も多いのではないでしょうか。


Reebok(リーボック)はNBAやWNBAの公認バスケットシューズをラインナップしています。


新興メーカーではAND1、国内メーカーではアシックスやミズノもバスケットシューズメーカーとして人気があります。



日本のバスケットボール

バスケットボール(漢字で書くと籠球)が、はじめて日本に紹介されたのは1908年(明治41)といわれていています。


国際的な公式大会がおこなわれたのは、第3回極東選手権(東京・芝浦)が最初だそうです。実業団を中心に発展したバスケットボールですが、シーズンから 、バスケットボールのメジャー化をねらいリーグを大幅に改編、JBL( 日本バスケットボール機構 )スーパーリーグがスタートしました。


残念ながら、JBLスパーリーグは、サッカーのJリーグのようには人気が定着しませんでした。
ため、実業団の域を脱せなかったのが人気低迷の一因ともいわれています。05年シーズンからは日本初のプロリーグ「bjリーグ」がスタートしました。JBLはbjリーグには国内にトップリーグが2つ存在するといった異例事態になってしまいました。


日本バスケットボールの発展のためにも、早い時期にプロリーグとして一本化する必要があるでしょう。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。